芸協らくごまつり
2011年に行われた第5回・芸協らくごまつりの様子です(敬称略
桂小文治による開会宣言から始まりました

中に入って見た人だけが分かる見世物小屋でした

芸協の人気者が五人男で競演。満員のお客様を釘付けにしました
毎年大好評の静岡おでんを販売するのは柳亭楽輔(中)と三笑亭夢吉(左) 復興市も大好評。各県出身芸人も応援に。福島県のブースでは桂幸丸(左)が呼び込みに熱心です 昨年に引き続き登場の湯河原の足湯は今回も会場内を歩き回った多くのお客様の疲れを癒してくれました
特別企画。読売新聞長井氏(左)と末広亭取締役北村氏(右)による爆笑トークショー 古今亭寿輔(左)と玉川スミ(右)による「オーラのおスミ」。スミの「来なきゃぶつよ」のフレーズが多くのお客様を呼びました
笑福亭鶴光(左端)司会の大喜利。終始爆笑ネタのオンパレードでした

桂平治(左)による鳴り物教室。開始直後からトークで笑いを誘います
橘流寄席文字体験教室。毎年熱心なファンの方が行列しています 人気者ナイツによるプリクラコーナー。この二人がいるところ常に大勢の人でした
毎回即完売の春風亭昇太の落語会は常に爆笑の渦です おなじみの便所でお尻を副会長・三遊亭小遊三が客席を沸かせます 皆様おなじみの桂歌丸は今回も熱演でした
 
人気者のバク助はこの日も大忙しでした

閉会式での桂歌丸(右)と三遊亭小遊三(左)。一日動き回っていたせいか、この時にはもうお疲れです
おかげさまで昨年を大幅に上回るお客様にご来場いただきました

写真館トップ